●「地獄の話」

今まで私は地獄の話とかしなかった。「陰と陽」の陽の話しかしなかった。
陰の話は普通の人には一切話した事がなかったんです。
この前京都の神社に行き、ある神社で拝んでいたら、そこの神社の神様の声がして
お叱りを受けました。
詳しい事は言いません。ただお叱りを受けました。
陰と陽はバランスよく話さないといけないよということです。

知ってるのに教えないといけないよということです。

神様の言葉は短いんです。一言で分かる言い方が私には分かるんです。

この前「人が幸せになる生き方はなんですか?」と聞いたの。

そうしたら「美化」って言ったの。いつもそうなの。一発なんです。
私には一言で分かる言い方。
それでお話ししなさいよというお知らせが来たので、話すようにしてます。
そうしたら体が楽です。

ほとんどの人は地獄に行きます。

ここにいる人はほとんどの人が地獄行きです。
場所は替わりますけどまたパーティーができます。
ただし、私は行かなくて良い方法を知ってます。
だから皆さんとは、もう会えません。
今日は行かなくて良い方法を教えます。

なぜ人は地獄にいっちゃうのか。
なぜこんなに助からない人が多いのでしょうか?
天国に行くには針の穴を通すより難しい。

理由はたったひとつ。

この世で罪にならない事でもあちらの世界で許されない事があるんです。

地獄というところは寒くて暗くて臭い。三拍子揃っています。
昔言っていたような、針の山があるとか、かまどがあるとか、ああいうところでない
です。私は光の玉に地獄がどんなところか見せてもらいました。
針の山があって針治療ができたり、かまゆでがあって温泉に入れるところで無いので
す。

ただただ寒くて暗くて臭い。
下に行くほど暗くんです。
地獄の上の方に行くとそこの人達は顔がムンクの叫びのようになっているんです。

叫んでる「
なんで私が地獄にいるんだ」だって悪い事もしてい無いのに。
わからない。

無関心なんです

例えば近所に障害者の施設ができます。反対する人達がいるんです。
反対する理由は自分の子供に障害が無いから。だから人の事はいいんです。

さっきも「癌は治る、癌は治せる」良い本ですねと言って人に薦めない人。
私の友達は本を読まないからとか。そうじゃないんだよ。
天で神様が見ています。
相手が読んだか読まないかそうじゃなく、友達だって、身内だって何人もいないよ。
それなのにこの本読みなよって言えないのは無関心なんだよ。

無関心は罪なの。
なんでも関心持っていなさいてことを言っている訳じゃないの。


宇宙エネルギーで「水晶」もらって「私お守りのように大切にしてます」という人。
それで何かしな。遠隔するとか人助けるとかしなよ。

私これ欲しかったの。
これ持っていたら幸せなのって「真っ直ぐ地獄に落ちるよ」

これ持っていたら天国に行けるなんてものひとつもないんだよ。
私この宗教に入っているから天国に行けるっていう人います。
その宗教できる前の人は全員地獄に落ちてたの?それ違うだろうって。

この地獄の話をする前に、床屋さんでうちのお客様で霊視とかできる人がいて、
先日なくなったお父さんをどこにいるのか霊視したら薄暗い所にしゃがんでいたんだ
というんです。それでお父さん立ちなよと言ったらしいの。立って歩いてって言った
らしいんですけど、お父さんは寒くて歩けないんだよと言っていたそうです。
それ間違いなく地獄に落ちていると。

地獄はそういうところです。無関心しているのはいけないよ。
世界中の事に気を配れと言っている訳じゃないよ。

今自分に来ている事があるじゃない。

良い本があった薦めるとか、せっかく「水晶」もったんだから遠隔をやってあげる
よとか、そういう事だよね。

もっと極端な例をあげると、無関心のもっとひどい人がいるんです。
だんだん(地獄の)下の方へ行くよ。万引きする人がいるんです。
とられたら困るんです。仕入れしてます。家族養っているんです。
そういう事考えないんです。人の生活に無関心なんだよ。
だから取っちゃえるんだよ。この人困るだろうなとか、思えたら万引きできないんだよ。
酔っ払って車運転してしまう人いるけど、引かれた人も、その家族も困るんだよ。
自分の身内だって困るんだよ。周りの事考えないんです。
人殺しする前に殺されたら痛いだろうなとか、家族が泣くだろうなとか、関心持って
いたらできないんだよ。

神の国は一個だけ。無関心はいけないよ。

だからできる範囲で自分ができる事やらないといけないの。私は地獄を見たよ。
あんなところ行きたくないよ。だから行かなくて良い方法を一生懸命話しています。
ただ信じる人と信じない人がいるから、私は信じてくれと言わない。
みんな死んだら分かるんです。みんな死ぬんだから。
私は行きたくないし、みんなも行かせたくないんです。無関心やめよう。

3種類の人がいる。
薦めもしない人、この本良い本だよと、これは真っ直ぐ地獄に行ける。特急です
。読みなよって薦める、これは中級。

上級者は真っ直ぐ天国に行ける人はどうやったら、どうしたらこの人この本を読むか
な?と人の事に頭を使う人がいる。薦め時にここだけでも良いよと言いながら渡すとか。私目が悪いんですと言われたら、代わりに読んであげますよとか。
良いするのにどうしたらいいのか考える人がいるの。分かる?

良い事するのになんで私が頭使わなければいけないんだって言う人いるけど、人助
けってそんなものだよ。

一生懸命やらないといけないよ。

上の道を行こうよって、そういう事。
なんか考えようよって言っているの。

地獄の話はそれまでなの。あんまりすごい話でないの。
あなたがキラキラな幸せに輝く、スピリチュアルパワーストーンジュエリー「コルヌコピア」